遠隔在宅ケアプラットフォームを使用して、まったく新しい方法で
高齢者ケアを
提供します

訪問介護をテレビ電話に置き換え、遠隔ツールを
使用することでホームヘルパーの時間を
節約し、サービスの質を低下させることなく介護
コストを削減できます。

リモートケア革命を導く

高齢化が進み、すべての人を直接訪問する介護が難しくなっています。

現在、ホームヘルパーが費やす時間のうち19%は訪問介護のための
移動時間です。

介護訪問の20%の訪問時間は
15分以内です。これはあまり効率的
とはいえません。.

イギリス在宅ケア協会調べ

ホームヘルパーが移動に時間をかけることなく顧客により良い
ケアを提供することができたらどうでしょうか?コストを削減し,
すべてを1つのシンプルなプラットフォームから管理するこ
とができます。

ビジネスの拡大 – バーチャルリアリティでケアを提供

テレビ電話
を利用

時間のかかる
訪問をせずに被介
護者の様子を
チェックする

顧客を
見守る

顔色や様子を
確認して、物理的
な訪問が必要か
を見極める

すぐに
助ける

電話で救助を求
められたときや
遠隔でドアを開
ける必要がある
とき

薬の管理


処方リストや
定期的なリマイン
ダーを設定しま

様々な
可能性

例えば送迎や買
い物の注文を
オンラインで

オスカーシニアは高齢者介護
事業のための革新的なツール

すぐに使える包括的なプラットフォームを1つにまとめました:

  • テレケア
  • 社会との関わり
  • 認知刺激
  • 遠隔サポート
  • 要介護者のモニタリング
  • 管理ツール

高齢者ケアの質を一緒に向上させましょう!

詳細をお聞きになりたい方は担当者とのアポイントが可能です。
オスカーシニアの仕組みのご紹介とプラットフォームに関する疑問、
質問などにお答えします。

株式会社Japanism オスカーシニア事業部
Tel: 03-5214-0064
info@japanism.co.jp